top of page
株式会社PRESI

投資用ワンルームは、販売業者が市場価格の約20%前後を上乗せして販売しています。

購入時点ですでに収益性が非常に低く、ローン返済・管理委託費・修繕費・保険料・固定資産税・都市計画税などの経費を正確に差し引くと「赤字」になる物件がほとんどです。

さらに「新築」の場合、購入後のピーク賃料から10年間で賃料は約20%下落(※1)

その後も資産価値は下がり続けるため、黒字化するのは相当厳しいと言えます。

​※1:出典/三井住友トラスト基礎研究所

市場価格の2割増の高値で購入

収益性に乏しく赤字収支

投資用ワンルームマンション-売却査定
投資用ワンルームマンション-売却査定

総合不動産コンサルティングのPRESIが

投資用ワンルームマンションの裏側とリスクをご紹介。

ご希望のお客様には迅速な査定・売却をサポートいたします。

実は『投資になっていない』のをご存知ですか?

投資用ワンルームマンション

月々の収支が赤字でも

減価償却による税還付で黒字になる

投資用ワンルームマンション-売却査定

都心で需要があるから

収益性が低くても長期的な資産形成になる

投資用ワンルームマンション-売却査定

こんな理由で

投資用ワンルームを購入していませんか?

しかし!その実態は・・・

「赤字でも節税になるから良い」という方も要注意。投資用ワンルームは減価償却期間が長く、年間の減価償却費が微々たる金額のため、節税効果はほとんどありません。

また、空室リスクを抑えたい等の理由で「家賃保証/サブリース契約」を結んでいる方は特にご注意ください。いざ契約書の中身を細かく確認すると、保証期間が当初説明された期間よりも短くなっていたり、保証金額が少なくなっているケースがあります。

※サブリース契約は借地借家法によりサブリース会社が保護されており、オーナーの意思に反する強制的な賃料減額を巡ってトラブルも多数発生しています。解約や物件売却もしづらい契約ですので、ご不安の方は一度PRESIにご相談ください。

節税効果はほとんど無い

サブリース契約にもご注意を!

投資用ワンルームマンション-売却査定

だからこそ、売るなら今です

東京の地価は上昇中

投資用ワンルームマンション-売却査定
投資用ワンルームマンション-売却査定

不動産価格は日経平均株価と連動

高値の今こそ「売り時・損切り時」です

動画でわかる

投資用ワンルームのリスク

そんなお悩みをお持ちの方は

PRESIにお気軽にご相談ください

「毎月赤字の所有物件をどうにかしたい...」

「うちの所有物件は大丈夫だろうか?」

お客様のための不動産投資のこだわりが、世界的な経済誌「Forbes」や「日経新聞」など主要メディアからも注目されています。

メディアもPRESIのノウハウに注目

主要メディアがPRESIの不動産投資に注目

独自の幅広い不動産販売網を駆使し、お客様の物件を他社よりも迅速・高額で売却。よくある「自社のグループ内で囲い込む」こともございません。

独自の販売網で迅速・高額売却

独自の販売網でより高く・迅速に売却

PRESIは投資用ワンルーム専門業者ではないため、「お客様の資産形成」の視点から適正な物件査定や売却支援​、アドバイスが可能です。

適正な物件査定・売却支援が可能

不動産による資産形成の総合エキスパート

所有物件でお悩みのある方は、お気軽にお問い合わせください

(サブリース契約を結ばれている方もご相談いただけます)

お問い合わせ

会社概要

会社名

株式会社PRESI(プレジ)

所在地

東京都千代田区丸の内3-2-2  丸の内二重橋ビル2階

設立

2014年3月7日(創業:2016年1月11日)

資本金

1億5,000万円(資本準備金含む)

代表者

代表取締役 石井 雄也

事業内容

不動産の開発・仲介・収益流動化など

許認可

宅地建物取引業免許

東京都知事(2)第098675号

取引銀行

三菱UFJ銀行

三井住友銀行

みずほ銀行

りそな銀行

きらぼし銀行

※他多数/敬称略

取引企業

三井不動産リアルティ株式会社

住友不動産販売株式会社

東急リバブル株式会社

野村不動産株式会社

三菱地所リアルエステートサービス株式会社

みずほ不動産販売株式会社

​※他多数/敬称略

bottom of page